西部木工

作業する木工職人
企業情報

那賀川の土手沿いにある西部木工は、お客様の暮らしやすい生活空間づくりのための室内家具の製造を行っています。
また、近年では、木工家具だけでなく、西部木工の職人と海外デザイナーがコラボし、藍をコンセプトとしたウッドケースやツールボックスといった小物も作成しており、2018年1月にはフランスのパリで開催されたインテリア展示会「メゾン・エ・オブジェ」にも出展しました。フランス、イタリア、ベトナム、中国と様々な国の方にお声掛けいただき、徳島の“ものづくり”の海外への発信にも力を入れて取り組んでいます。
社員一人一人がやりがいを持って仕事ができる仕組みづくりを常に探求し、新しい技術や設備の導入にも積極的で、時代に合わせて変化し続ける企業です。

「メゾン・エ・オブジェ」の様子

事業内容

平成元年に創業し、主に木工収納家具の製造をしています。創業当時は、県内大手企業の協力工場として、玄関収納や、カウンター下収納、埋め込み本棚やAVラック等、一戸建住宅やマンション向けの収納家具を製造していました。現在では、この技術を活かし、企業向けではなく消費者向けのセミオーダーの収納木工家具や、フルオーダーでの特注の木工家具を製造し販売しています。

テレビラック

代表者からのメッセージ

西部木工代表の西岡さん

現在、会社の寿命は10年以内の所もたくさんあると言われています。定年退職の年齢も伸びており、1つの企業で勤め続けるのは難しい世の中になってきています。これから就職をする人は、会社と一緒に自分自身も成長できる所を選んでください。そして、技術を身につけ、人の役に立てるような大人になってほしいと思います。
わが社では、若い社員の感性で、どんどん斬新な意見を出してほしいと考えています。自分の想像したものを形にし、展示会でアピールする、自分で考えた商品をパリに持って行って売る、その経験が若い人達の自信につながると思います。
技術は現在会社にいる職人達から継承してもらいたいと考えているので、入社する際には技術の有無は関係ありません。
私達と一緒に“ものづくり” に参加し、アイデアを形にしていく楽しさを実感しませんか。

まけまけ阿南地域情報係(エラン)

オーダーされて作った家具の最後の梱包作業は、女性の方が丁寧で向いている、と代表の西岡さんはおっしゃっていました。現在子育て中などで働いていないけれど優秀な女性はたくさんいる、能力を眠らせておくのはもったいない、そういう方々に働いてほしい、ともお話しされていました。若い人だけではなく、子育て中のお母さん達にも働きに来てもらえるよう、時短勤務やフリータイムの導入なども検討しているという西岡さん。女性にとって働きやすい環境であることは間違いありません。 過去には、社員全員で話し合い、同じ方向を向くような機会も設けたそうで、その時のグラフィックレコーディングも事務所の見える位置に貼ってありました。社員の忌憚ない意見の中から可能なことは改善していくことで、社員の定着率につなげたいとおっしゃっていました。社員全員が意見を言えるような機会を作ってくれる会社はそうそうありません。 老若男女問わず、全ての社員のことを考えてくれる柔軟な代表者がいる、とても魅力的な企業です。

 
西部木工
【会社設立年月日】平成元年11月1日
【代表者】西岡章
【従業員数】15名(男性12人 女性3人)
【所在地】〒779-1232 徳島県阿南市那賀川町西原10-1
【電話番号】0884-49-6660
【ファックス】0884-49-6661
【駐車場】要問い合わせ
【営業時間】8:00~17:00
【サイト】http://seibuwood.ocnk.net
【SNS】