御菓子処もみじや本店

もみじや本店の外観
ショップ

愛される阿南の銘菓

明治4年に創業し、もうすぐ150年になる「御菓子処もみじや」さん。地元では言わずと知れた老舗和菓子店です。長年受け継がれた伝統の技は、竹糖や阿波の和三盆、加茂谷のはちみつなど地元の名産品を活かして、気品あふれる和菓子を生み出しています。店内には、小松島市くしぶち産のやまももで作った甘酸っぱいジャムがやわらかなお餅に包まれた上品な「やまもも」、つくね芋を使った生地にぜいたくに大納言がちりばめられた「太龍の里」、美味しさはもちろん口に運んだときの食べやすさも工夫された「浮亀最中」をはじめ、たくさんの和菓子が並んでいます。そのひとつひとつには、地域にちなんだ名前がつけられているものが多く、ふるさとへの想いにあふれています。もみじや初代の名前を受け継いだ「甚蔵(じんぞう)焼き」もぜひご賞味ください。一般的などら焼きより一回り大きく、小豆のおいしさがギュッとつまったあんがふんわりとしたカステラ生地と合い、笑みがこぼれる美味しさです。

じんぞう焼き

和菓子屋さんの作るパン

パンの美味しさも有名で、世代を超えて愛される三角パンや白餡の入った舟形メロンパンから、おしゃれでヘルシーなベーグルまで常時20種類以上が並んでいます。焼きカレーパンやちくわパンなどの総菜パンもあり、育ちざかりの子どもたちやランチにもぴったりです。素材にこだわりトランス脂肪酸の少ない安心、安全な優しい味わいで、小さなお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで幅広い年齢層に親しまれています。

20種類以上のパン

店主紹介

店主岡澤さんの写真

代々、新しい挑戦をしてこられ、5代目を受け継いだ岡澤さんは、新たな試みとしてカフェスペースを設けた小松島店をオープンさせました。ランチには、白米に代わり打ち水を工夫してふっくら仕上げた人気の赤飯を提供、モーニングバイキングやスイーツバイキングも始めました。和菓子と合う新茶の紅茶ダージリンティーを選定、販売しています。また商工会議所主催のまちゼミに参加し、未来を担う子どもたちのために和菓子体験を開催しました。
店主おすすめのパンは、あんバター。よつばバターのしょっぱさと、あんの甘さが絶妙で、バターが溶けない冬季限定品。デニッシュ生地でカステラを巻いている「カステラりんご」は幻のパン、出合えたら超ラッキーです。また、贈り物や手土産には、いろんな和菓子が楽しめる「もみじや詰め合わせ」がおすすめだそうです。
フェイスブックで美味しい情報を発信したり、カード不要のポイント制「もみじやメンバーズ」を導入するなどITを活用したサービスも提供。レジ横の端末に携帯の電話番号を登録、購入時に入力するだけで、お買い上げの3%のポイントがつくのでお得です。後日、1ポイント1円として商品を購入の際に使えたり、メールでクーポンや新商品の案内が届きます。
伝統を継承しつつ、季節感を大切にしながら時流に沿った好みや環境の変化に合わせ、お客さんの健康にも気遣った商品開発をされています。「美味しい」の一言がうれしくてと、岡澤さんの温かな笑顔からお客さんのことを第一に考える店づくりが感じられました。

 

まけまけ阿南地域情報係(ぽぽまる)

ケーキはもちろん和菓子にも合う、もみじやさんのダージリンティー。宮城県仙台市にある紅茶メーカーのガネッシュさんよりインドで競りおとしてきた茶葉をわけてもらい、ダージリンアッサムを独自のブレンドで配合したスペシャルティーです。徳島で、新茶の紅茶をいただけるのは、もみじやさんだけ。季節ごとの風味豊かな新茶の紅茶を小松島店でぜひ味わってみてください。 もみじやオンラインショップでは、和菓子からロールケーキまでクール便で配送ができます。原材料も詳しく確認することができるので安心です。パンは、ビルド産直市わっしょい広場 桑野店でも販売しています。南部公園に遊びに行った時のおやつにもぴったり。日曜と第3火曜日以外の日に本店から直送しています。

 
有限会社 紅葉屋
【所在地】〒771-0030 徳島県阿南市富岡町内町244
【電話番号】0884-22-0115
【ファックス】0884-22-0151
【駐車場】3台
【営業時間】8:30~18:30
【定休日】毎週日曜日、第3火曜日
【サイト】http://www.momijiya.co.jp/
【SNS】