小松島ステーションパーク

たぬきの像
レジャー

電車好きにおすすめのSL記念広場

小松島ステーションパークは、旧国鉄小松島駅の跡地を利用した公園です。SL記念広場には、開業当時の小松島駅の駅舎が再現され、退役した蒸気機関車(C12形蒸気機関車とオハフ50形客車)が展示されています。蒸気機関車の中に入ることは出来ませんが、間近で見ることができますので、乗り物好きなお子さまや、鉄道ファンの方におすすめです。SL記念広場は舗装された広場になっているので、スケボーやインラインスケートなども楽しんだりすることもできます。
蒸気機関車の裏側には、蒸気機関車を模した木製の遊具と、アスレチックがあります。機関車を見ながら、遊具で、広場でとたくさん遊ぶことができます。

世界一大きなたぬきと出会えます。

SL記念広場と道路を挟んだ向かい側に、たぬき広場があります。このたぬき広場には、高さ5メートルの世界一大きいたぬきの銅像があります。なぜたぬきかというと、徳島には様々なたぬきの民話が残っていて、その中でも最も有名なのが、1994年にスタジオジブリで制作された「平成狸合戦ぽんぽこ」に出てきた金長たぬきです。実は、あの映画のモチーフになったのが、小松島の民話「阿波狸合戦」なのです。この銅像は阿波狸合戦の主人公である金長たぬきが元になっています。この大きなたぬきの他にも、たぬき広場の至るところに、かわいいたぬきたちの像があります。見つけて楽しんでみてください。
ところで、この大きな銅像にはちょっとした仕掛けがあります。金長たぬきの前に立って手を叩くと、たぬきの後ろから水が流れだします。高さ10メートルある人工の滝で、世界一大きいたぬきがさらに圧巻になります。子どもも手を叩くと水が流れるので大はしゃぎです。
たぬき広場には遊具はありませんが、ボール遊びや自転車などで遊ぶことができます。(SL記念広場と違い、たぬき広場は舗装されておらず土の状態です。)

のんびりとお散歩と運動も。

小松島ステーションパークには、パークをぐるっと回るコースがあります。所々に桜の木が植えられているので、春は桜を見ながらのんびりお散歩ができます。また、健康遊具もあるので、ちょっと運動しながら、お散歩するのもおすすめです。

まけまけ阿南地域情報係(つっきー)

小松島ステーションパークはなんだかゆっくりと時間が流れているようなそんな気持ちになれる場所です。中には猫がいっぱいいて、遊びに疲れたら、日向ぼっこやじゃれあっている猫たちを見ていると癒されます。小松島ステーションパークから車で3分ほどの距離に、キョーエイ、コーナン、しまむらなどの商業施設が集まっています。公園で思いっきり遊んだ後は、ここでお買い物をして帰るのが私のお気に入りです。

 
小松島ステーションパーク
【所在地】徳島県小松島市小松島町字網渕1-13
【電話番号】0885-32-2118(小松島市都市整備課)
【駐車場】なし
【サイト】https://www.city.komatsushima.tokushima.jp/komatsushima-navi/spots/5161.html