果樹オーナーの宿 碧(あおい)

みかん狩りをする親子
サービス

果樹オーナー&収穫体験 農家民宿

那賀川の中流、加茂谷地区の吉井町の山あいを少し上ったところにある果樹オーナーの宿 碧(あおい)。店主の原さんは、東京での会社勤めの経験から、都会の人たちに作物の成長や収穫する喜びを味わってもらいたいと果樹オーナー制度を考案。果樹オーナーになると10種類以上の果樹から自分だけの木を選んで、果樹の育成状況を確認したり収穫を楽しめます。山で飼っているヤギのはっさく君にも会えるかも。また、四国八十八カ所の20番札所 鶴林寺と21番札所 太龍寺の間にあるので、お接待の心が息づく地域柄、お遍路さんのお宿としても親しまれています。

漆喰の白い外壁の2階建て宿の外観

宿泊

玄関を入ると、やわらかな木の香り、海藻から抽出した自然素材の糊を使った漆喰の壁なのでアレルギーの方にも安心。高い天井にわたされた、たくましい梁と囲炉裏のある広間は、まるで日本昔ばなしにでてきそう。食事のメインは鍋、季節の恵みをふんだんに使った昔ながらの家庭料理も楽しめます。十数人が座れるほどの広さがあり親子三世代での宿泊も楽しそう。客室の窓からは、桃の木や栗の木が見えマイナスイオンたっぷりです。

囲炉裏のある広間

収穫体験

日帰り収穫体験(要予約)ができます。春の山菜採りをはじめ、冬休みには親子でミカンの収穫体験もおすすめ。松の木のコースターづくりの工作もでき夏休みの宿題になりそう。収穫プラスお土産つきで1人500円(未就学児は無料)子育て中にはありがたい料金設定。

また、地域の方と連携を図り、釣りやコンニャク作りなども可能で、自然から学ぶ体験や地域の方とふれあう経験は、子どもの豊かな心を育んでくれそう。体験に必要な道具は貸し出しOKで、軍手&靴等自分のサイズにあったものを用意するだけで大丈夫です。

親子でタラの芽を収穫している様子

大切にされていること

お子さんが生まれたときに選んだ木、それから毎年ご家族で足を運んでくれて、その子がもう小学6年生になるんですよと、話してくれました。

田舎の実家に帰ってきたようなくつろげる空間、やすらぎを提供したり、家族連れには貸し切りにしたりと、小さい宿だからこそお客さん一人一人の希望に寄り添い、気持ちよく過ごしてもらいたい。宿泊されたお子さんには、希望があれば収穫した野菜を一緒に料理して楽しむ食育を提案、好き嫌いを克服するきっかけに。その間、お母さんにはゆっくり過ごしてもらいたいな~と。笑顔のステキなおかみさんは、ブイが廃棄物になると知り、譲り受けて招き猫やプランターとして製作。来られた方の目を和ませてくれます。

まけまけ阿南地域情報係(ぽぽまる)

これまでに父子イベントで忙しいママにゆっくりしてもらえる企画を実施。これからも親子で楽しんでもらえるようなイベントを考えていけたらとのこと。ホ-ムページのwhat’s newをお楽しみに! 周辺には、移住された方が開いたお店、「和み工房しげぱん」や「カフェ ボスコベル」、かわいいワンちゃんがいる「パンコカフェ」など人気のお店があります。帰りに寄って帰るのも楽しそう。

 
果樹オーナーの宿 碧(あおい)
【所在地】〒771-5172阿南市吉井町片山12
【電話番号】0884-25-0267
【駐車場】5台
【チェックイン】チェックイン15時以降、チェックアウト10時
【備考】【室数】4室
ツイン(ベッド2つ+ソファベッド1)×3部屋
シングル1部屋
※全て、洗面台、風呂・トイレ付
【宿泊料金】
[一般客]
1泊2食付10.000円(1名1室利用の場合12,500円)、税込み
小学生まで5,000円
[果樹オーナー]
1泊2食付7.500円(1名1室利用の場合10,000円)、税込み
小学生まで3,750円
※お遍路さんの場合は遍路料金になります
【定休日】準無休(要問い合わせ)
【E-mail】aoi-kajyu@mb.pikara.ne.jp
【サイト】http://aoi-kajyu.com/
【SNS】