青い海、緑の山々と清らかな河川。四国の右下とも云われる徳島県南部は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、古くから栄えてきました。
中心都市の阿南市は瀬戸内海と太平洋が接する四国最東端にあり、海の幸(ハモ、アワビ、ワカメ)、山の幸(たけのこ、すだち)が有名。
一方で、海運の利を活かして製紙工場や火力発電所が立地し、近年では青色LED実用化で急成長した日亜化学工業株式会社が市の産業経済を支えています。

一方、阿南市の北に隣接する小松島市は港町として名を馳せ、徳島赤十字病院を核とした街並みが広がっています。西隣の那賀町は那賀川が育んだ「剣山国定公園」の広大な森林面積を有し、林業や柚子の産地です。そして、阿南市から南の沿岸部は美波町、牟岐町、海陽町と「室戸阿南海岸国定公園」の一翼を担い、太平洋の黒潮を望む絶景、海部川の清流、釣りやサーフィン、カヤックなど海洋レジャーのメッカとして、京阪神からの移住者も多いエリアです。

しかし、それぞれの自治体も少子高齢化が進み、様々な課題を抱えていますが、次世代を担う子供たちの笑顔あふれる町を目指して、移住交流事業など様々な取り組みを行っています。